うつ病に対する心理療法

⚫︎うつ病とは  うつ病について少しずつ書き加えていきます。こちら

 

●うつ病に対して有効であるという強い証拠がある心理療法
〜アメリカ心理学会より〜
* 行動療法、行動活性化療法
* 認知療法
* 認知行動分析システム精神療法
* 対人関係療法
* 問題解決療法
* セルフマネージメント/セルフコントロールセラピー

※アメリカ心理学会(APA)は、アメリカの心理学分野の職能団体の中で代表的な学会で、心理学者の団体の中で最古で最大。

 

 

 ●行動活性化療法でうつ病を改善
・行動に焦点を当てる
・気分が安定する活動を増やす
・自分にとって価値のある活動を増やす

ステップ  概要
①現在、既にある健康的な活動を確認する。
②自分にとって価値あるものは何か整理する。どうしたいか、どう進めたいか、それは何のためにかetc
③目標を設定する。長期的・短期的な目標を。目標が大きすぎないか、①や②とそれ過ぎていないか。
④スモールステップで進める。欲張って一足飛びにいかないように、少しずつ。

①〜④いずれも、紙に書き出すとか、スマホのメモ帳につけるなど、“見える化”するといいです。頭の動きがダウンしている時に、[考えて、整理して、決断して、実行して、記憶して]などと一連の作業を頭に留めようとするのは辛いので。

 

心に留めておきたいこと
変えること、決めること、始めることは少し勇気がいることです。そんな時、“上手くいっていることはそのままに、上手くいかないことはちょっとやり方変えて”と呟いてみると、少し勇気が湧いてくるかもしれません。また、一緒に伴走してくれる誰かを探してみるのも一法です。引っ越ししたい時、引っ越し先を自分1人で探し出そうとすると頭がパンパンになりひどく疲れるものですが、親しい誰かや不動産屋さんと一緒に進めれば脳のハードウェア2倍でスムーズですね。

 

 

インスタグラム

PAGE TOP