利用者さんのご感想

カウンセリング終結時や区切りの節目に、感想を頂戴しました。ホームページ掲載の許可を得ております。何事もそうだと思いますが、“経験者の声”は、私たちの光であり力になるなぁと。もしよろしければ、1つの参考にしていただければと思います。

<30代女性 ご家族についての相談>
「きょうだいの心身の乱れ、精神状態の悪化、自殺願望などにより、家族が対応の限界、お手上げ状態になり、カウンセリングを受けてみようと思いました。
医者ではなく、心理の専門家の方のアドバイスをもらい、話を聞いてもらいたいと思いました。
苦しんでいる本人、そしてまわりの家族の、味方になって下さるということは、とても大きかったと思います。
家族という近い関係では、『何で?』という感情や、『怠けてるんじゃ?』という考えや、反発の心が生まれます。でも先生は、まず本人の今の状態を専門的に理解し、肯定をして下さいました。家族よりもまず、本人を肯定し、そして家族の苦しみにも寄り添い、認めて下さったことは、本当に大きかったと思います。
また、本人の精神状態や行動から、その原因となる病を明らかにして下さったことも大きかったです。全員がストンと腑に落ち、これまでの大変さを納得することができました。また、本人を理解すること、そして、何とかできるかもしれないと希望をもつことにも繋がりました。
結果的に本人も一緒にカウンセリングに誘うことができ、家族全員が先生に話を聞いてもらうことができました。
何がきっかけで、本人が立ち上がり、再び生きることにすごく前向きになったのか分かりませんが、どうしようもできない時は、専門家に頼ることで何か光が差し込むこともあるかもしれません。
どうしようもなくなる前に自らか、どうしようもなくなった時は家族が、足を運んでみるといいかもしれません。
本人の、前向きな病院受診にも繋がりました。ここてまるへ行ってみて、とても良かったです。」

<40代女性 子育て相談&ご自身の強迫相談>
子育てと自身の強迫神経症による心身の不調について相談しています。子育てに関しては、子どものどういった言動に留意すべきか、子どもへの具体的な声がけの仕方、学校への関わり方などについて具体的なアドバイスがいただけます。強迫神経症のケアに関しては、認知行動療法を受けています。
カウンセリングを受けることで自分の行動を客観的に見ることができるようになり、考え方のクセや価値観の方よりなどを自覚できるようになりました。また、なにかあった時には相談できるところがあるという安心感が得られるため、心に余裕をもって子育てや日々の暮らしに取組むことができています。
カウンセリング中に話しているのはほとんどが私で、先生はじっくり聞いてくださいます。その時々の悩みや問題を話しますが、時には、料理や絵本の話など世間話をしたりもします。とても話しやすい雰囲気なので、親しい親戚の家を訪ねるような感覚で、毎回楽しくカウンセリングに通っています。

<女性 自分の対人緊張や働き方の相談>
カウンセリングを受けるのはハードルが高く、抵抗感があったのですが、先生先生してない先生というのでしょうか。心理の専門家なのに、知り合いのお姉さんにお話を聞いていただいているような、そんな親近感を持ってお話できる先生です。
また、カウンセリングはどのくらい受けたらよいのか、永遠と続くのではないかというイメージがありましたが、困りごとを概ね聞いてくださった後にカウンセリング回数の目安を教えてくださり、見通しが持ちやすかったのも助かりました。
今困っている症状だけでなくて、その人自身を理解しようとしてくださる姿勢のある先生なので色々お話できると思います。
迷われている方は騙されたと思って一度、気軽に受けられてみるのもいいのかなと思います。

インスタグラム

PAGE TOP